自毛植毛は自分の髪の毛として生えてくる施術です

髪の毛の抜け毛や薄毛が気になる場合、育毛剤を使用したり頭皮をマッサージしたり髪の毛を育成しようと試みます。

育毛ケア方法のひとつに植毛があります。

薄毛治療情報に精通したサイトです。

自分の毛を移植する自毛植毛は後頭部や側頭部に生えている髪の毛を、薄毛が気になる部分に移植する施術です。


この施術のメリットは、元気な髪の毛を移植して、それが定着すれば自分の髪の毛として生涯生え続けることが可能になることです。

自毛植毛に関する情報をご覧ください。

髪の毛には毛周期があるため、定期的な抜け毛はあるのですが、他の髪の毛と同様に新しい髪の毛が生えてきます。自毛植毛は高額ですが、施術後のメンテナンスなどは殆ど必要ないため、カツラや増毛などと比較しても最終的には安くなることが考えられるのです。

デメリットは、移植する際にはメスを使用した手術が必要になります。移植する髪の毛は大量に採取することができないため、施術回数は多くて3回までです。
メスを使用するため、移植元の後頭部などには傷跡が残ることは避けることができません。

移植した髪の毛は、定着までに約3ヶ月は必要になります。

植毛の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

移植後、一旦抜け落ち、術後3ヶ月あたりに産毛が生えてきます。

全て生え揃うまでには約半年間は必要になるため、即刻性のある施術ではありません。
AGAのケアには、治療薬を服用したり、育毛剤を使用したりと様々な方法があります。

どれも継続することで効果が期待できる方法です。


自毛植毛は生え揃うまでに半年は必要になりますが、髪の毛が生え揃うことで傷跡も目立たなくなり、何よりも自分の髪の毛として生えてくるため、自然なヘアスタイルや自分の髪の毛で白髪になることも可能になるのです。
AGAで悩みがあり、育毛剤など様々な方法でも成果が見られない場合、植毛を選択肢に入れることで薄毛の悩みも解消することが期待できます。